先日(3月9日)、息子の担任お二人と夫と私の4人で、息子の言動について話し合いの場を持ちました。 12時半からで、授業は12時に終わり息子は14時まで学童の時間。
 
メールで前もって伝えていた内容は、病院の言語聴覚士さんや聴覚療法士さんと会ったとき、息子は話していてもアイコンタクトをしない、また突然相手の素肌(腕)に抱き着くという行動に走るが、学校ではどうか? それから他に気になることもリストとして書きだし持参しました。
 
先生方はまず、「いつも通り、ポジティヴな、息子さんの良い面からお話ししましょう」と、息子は授業の課題をよくこなす、「ABCの本」も「123の本」も既に終えてしまったし、アルファベットを図画工作にしていくのも器用に集中しどんどん作っていくし、本当に素晴らしいセンスがあり、将来芸術家になるんじゃないかしら、と教えてくれました。
 
それは家でもそうで、親としても承知しているのですが、その興味があることだけに対して発する並外れた集中力と芸術的センスは、発達障害につながるんじゃないかしらーと、また私の中でむくむく疑問が沸き、続いての「息子の問題点」は、まさに私たちが書きだしたリストと一致するもの。
 
「息子さんは、他の子供たち(クラスメート)の話を聞きません。 自分のことはいろいろ話したがるのですが、他の子が話しているときは、上の空だったり、あっちに行ってしまったり。」
私が息子の「社会性とコミュニケーション」リスト1番目に書いた、人の気持ちを理解できない、に当てはまります。(他の子供たちが嫌がったり、怒ったり、悲しそうだったりしているのに、遊ぼうとと寄っていき一人ではしゃいでいることも。)
 
それから、アイコンタクトも、やはりできていなかった。 毎朝先生方は一人一人の生徒の目を見て挨拶をするのですが、息子は目をそらしていたそう。 「この美しい目を見て」と言ってアイコンタクトさせるようにすると、それからはビシッと目を合わせるようになったそうですが、一つのことを教え納得すると必ず律儀に毎回する傾向があります。 例えば、ジャケットを着るとき、シャツの袖が上にめくれ上がらないように必ず袖口を手で押さえてからジャケットに腕を通します。 夫が教えたことで、私がビックリするほど、毎日、毎回、律儀にします。 (しかし、何回教えてもやらないものはやらない傾向も。 2歳頃から、食事でも遊びでも勉強でも左手を使わないでブラブラさせていて、毎日、毎回言っているのに、いまだ直らない。)
 
そして、やはり素肌を触っていた! 最初(学校が始まった前学期)のうち、握手だけでなく、素肌の腕までベタベタ触ったり、夏でミニスカートを穿いていた先生の生足を触っていたことも! 先生方が「挨拶は握手だけでいいのよ」と言って止めさせ、しないようになったとのこと。 
 
おまけに、私たち親はまったく知らなかったのですが、家ではしないことなのですが、学校でズボンとパンツを下げ、おしりや前の方も、他の子たちに見せ喜んでいる! (露出狂!?) 他の子たちは「気持ち悪い」と言って嫌がっているのに、それが分からない、おもしろいと思ってやっちゃう。 いつでもどこでもではなく、特に体育で着替えるときにしているそうです。 
 
また体育は隣校の体育館と着替えのロッカールームを共同で使っているのですが、息子のクラスが終わった後、隣校の年上の生徒がやって来て着替え始めたのですが、息子はその男子の裸体に興味津々で見入っていたため、先生方が慌てて息子を外に連れだしたということもあったと聞き、絶句。
 
先生も「体の部位などに異常な関心を示すのは自閉症にありがちな行動でもある」とおっしゃっていました。
 
問題は、まだまだあるので、続きます・・・
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ