日本でも学校の勉強方法が暗記中心から考える力を伸ばす方針に転換されると聞くけれど・・・ 現地校でも、私たち親が子供の頃は算数/数学の計算等、答えが合っていれば正解でしたが、今は、答えが間違っていても、どうやってその答えを導いたのか説明できれば点数が貰えるそう。 その代わり、というかその反面、説明ができなければ点数は貰えない。

昨年、息子が2年生の時S校の保護者会でのこと、同じ学校に7年か8年生の兄も通っている保護者が「息子が数学の宿題を親に聞いてくるのだが、自分のときと方法が違うので分からない」とも言っていました。

確かに、息子の(2桁の足し算や引き算の)計算方法を見ると、私が日本で習ったひっ算ではなく、数字を分解し、なんだかややこしい方法で答えを導いていて、私にはさっぱり分からず、でも答えは確かに合っている。

先日、息子の学校で算数のテストがあり、息子は「僕はきちんと考えて計算したからえらいんだ。 Lちゃんは考えないで勘で答えちゃうからいけないの。」

ASD/ADHDでサヴァン症候群の傾向もあるクラスメートのLちゃんは計算は素早く暗算。 しかし、説明できないらしい。(そんなの分かるもんは分かるんだよーって感じでしょうか?)

算数/数学、私も小学生の頃から苦手だし、分からない。 息子に数学の大切さや楽しさなんて教えられないよーと思っていたところ、このような漫画を読みました。



そうかー、数学って、こういうことなんだー! (でも、やっぱり自分が踏み込む場所ではない・・・)

幸い、今のB校の先生が教え方上手いので、息子は算数が理解できることが楽しいようで、家で絵をかきながら「僕は算数が好きだから、算数もしちゃうのよー」とか言っているので見てみると、
menseki

ペーパークラフトの設計図を書いていたのですが、そこで面積の計算をしているではありませんか。
(驚愕。 私なんて、この数字見ただけで、分からない・・・という拒否感が・・・)

本当に、B校で良い先生に恵まれてラッキー。 S校に通っていたら、勉強何にもできない状態だったと思う。 B校からはS校に戻るように言われているけど・・・ もっと算数の基礎をしっかりつけさせてーと思います。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ