バイリンガルで聴覚障害と発達障害

5歳で感音性難聴が分かったバイリンガルハーフの息子、難聴学校に入学。 その後、発達障害(自閉症)の診断も出ました。 親としての備忘録、息子の成長の記録、欧州で暮らしているので日本とは言語も環境も異なりますが情報共有としてブログを始めました。

タグ:空手

1月半ばから始めた空手教室(週2回、各1時間)。 道着も購入し「3月から週2回きっちり通わせたらどうなるか」と前回の空手記事に書いていましたが、3月には(新型コロナウィルスのため)練習中止になってしまったよ~~。

せっかくいい感じだったのに・・・

しかし4月から屋外(道場として使用している学校の体育館の外のサッカー場)で練習再開! 火曜の夕方7時からと土曜の11時。 ちょうど気候も良くなり日照時間も長くなってきたので、屋外が快適です。

息子も喜んで・・・と思ったら、「行きたくない」とか言い出す! しかし、連れて行くと誰よりも喜んで駆け回り、練習後は「楽しかった! 行って良かった!」

「でも、行く前は嫌だな~と思っちゃうのよねー。 どうしてかなー?」

どうやら、月曜の朝学校に行きたくない気持ちになる、のと同じ原理らしい。 

吉濱ツトムさんの公式ブログに書いてあることは、とっても的確で感心してしまうのですが、「何となくという理由の不登校児を休ませると引き込もりになる」も、本当にそうだ!と思いました。

まさしく、うちの息子ですね。 気をつけなければ。

空手は息子に合っているよだし、子供から大人までの幅広い年齢層の人たちと出会え、同じ目的で(競い合うのではなく心身を高めるため)体を動かすのもいいな~と今後にも期待。

先日の学校の保護者面談で、息子は学校の授業でフロアボール球技をするのを嫌がり、それはキーパーになってゴールを入れられると自分の責任だと思い、それが怖いらしいと言われました。 (よく日本では、日本人は「自分の責任だ」という自負の念に駆られたり、周りから非難されたりしますが、息子もそう思ってしまうのだろうか!?)

私もチームでボールを使う球技は苦手でした。 なので息子が自分に合うスポーツに出会えたとしたら嬉しいな。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

2月20日(木)の朝9時に、理学療法士さんの初めての診察を受けました。 

当初17日(月)11時の予約だったところ、その1週間前に突然日程変更のお知らせが・・・。 夫は仕事から休みもらって、ついでにその前に息子のパスポートの申請も予約していたのに。 結局夫は休日を変更できず。 どのみちこの週は2月休暇中だったので息子は学校の欠席等は免れたのですが。 

2月に1~2週間学校が休暇になるのはヨーロッパ全域で伝統的にあるようです。 お金と時間がある人たちはアルプスにスキー旅行に行ったりします。 そのため北イタリアに行ってた人も多く、コロナウィルスに感染し、帰国してから発症する人が続出し、あっと言う間にヨーロッパ中に広がってしまった・・・ この頃、2月の時点では、まだ日本のことだけ心配していたのに。 今はこっちも学校閉鎖になるかも、と話がそれました。

初めてお会いする理学療法士さんは、落ち着いた30代くらいの女性で、プロフェッショナルとしての信頼が持てる人でした。 研修らしき若い女性も一緒。 挨拶早々、息子は「トイレ~」と言っていなくなったので、その間に私の方から「息子は筋肉がふにゃふにゃしていて、歩き方も変だし、椅子にも真っ直ぐ座っていられません」ということをお話しました。

息子が戻り、診察室へ。 息子は例のごとく「僕こんなことできるの~」と手の指を自慢げにめっちゃ反らせてみせます。 理学療法士さんは頷き、そういう症状を医学的になんというのか研修生に説明しています。 息子の腕を取り肘を捩じるようにすると、これまたグニョーと半ば回転するように曲がる・・・ これも医学的な症状なのです。(日本語で「関節弛緩症」というやつか?)

それから息子の足の後ろ、アキレス腱のあたりを調べ、そこはいい形をしていて健康的とのこと。

歩くのにふにゃふにゃしてしまう場合、しっかり足首が固定できる靴を選んで履くのがいいとのことで、正しい靴の選び方が書いてあるプリントをいただきました。 今は冬で、足首を覆うゴツイいブーツを日常的に履いているので理想的。 これから春になって新しい靴も必要だから参考になります。 安物の靴は買えないなー。

理学療法士さんが「膝が痛いと聞いたけど」と息子に聞くと、「痛くないよー」とのこと。 別に痛がることはないのですが、お医者さんの診察のとき、そんなこと言ってたかも。 骨の成長で痛くなることもあるし、それかな? 

今まで特にスポーツやトレーニングなどしてなかったが、1月から空手を始めましたと言うと、大きく満足そうに頷き、「それは素晴らしい。 空手は筋肉を鍛えるのにとても良いです。」 

私も空手の練習風景を見ていて、ふにゃふにゃな息子の筋肉に良いかもーと思っていました。 全ての体の筋肉を、型にはまって最初はゆっくり慣れれば早く満遍なく動かすので、知らず知らずに筋肉が鍛えられていくと思います。

理学療法士さんの診察は約30~40分ほどでした。 理学療法士さんから「空手はぜひ続けてください。 5月にその後の経過はどうかお聞きします。 必要であれば6月にトレーニングの機会を授けましょう」とのことでした。

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

このページのトップヘ