バイリンガルで聴覚障害と発達障害

5歳で感音性難聴が分かったバイリンガルハーフの息子、難聴学校に入学。 その後、発達障害(自閉症)の診断も出ました。 親としての備忘録、息子の成長の記録、欧州で暮らしているので日本とは言語も環境も異なりますが情報共有としてブログを始めました。

カテゴリ: 外国暮らし

少し時間ができてきて、少しずつ身の回りや家の中のものを片づけ始めました。 ひとまずそこら辺に置いたまま(正確には引き出しの中や棚の中に突っ込んだまま)の状態がチラチラと目について。 毎月日本から送られてくる翻訳関係の薄い冊子があるのですが、これが封を切らぬまま本棚に差し込んでいったまま。 場所を空けたいので取り出し順番に並べると2016年の9月号から~1019年9月号まで。

つまり、ここに引っ越してきてから丸3年分ということかー、としばし感慨にふけります。

S校に入学するためにこの町に引っ越して来て、そのS校は3年通っただけで追い出されたわけですが・・・(苦笑) 正確には、順調に通ったのは1年目(0年生)だけで2年目(1年生)から息子の様子がおかしくなり発達障害の診断を受けて、3年目(2年生)の初めから追い出しにかかり、ようやく新しい学校に通い始めたのは今ですが。

学校関係、発達障害及び聴覚関係の病院からの通知やプリントも分けてファイルしないと。 私はスクラップ・マニアなんですよね。 紙類、なんでも取っておく。 雑誌や新聞の切り抜きも結構あるのです。 でも、結局読み返すことってあんまりなくて。 なので今こうやって目を通して、捨てていって必要な物だけファイルに綴じて・・・ いっつもこんなことやっているんですが。

あまりいろいろなものを貯めたくないし、すっきり整理整頓しておきたい質なのに、捨てられない質でもあるので、いっつも片づけものしている。 着れなくなった服のリフォームや端切れの整理もしないと。 シーツは薄くなったところを切って継ぎ接ぎして、日本から大量に貰った神社の名前の入った白いタオルは半分に切ってプリント布をあてがい手拭き用に。 

3年分、中途半端に溜まっちゃっているんだなー、いろいろなもの。 ごちゃごちゃな本やCD並び方を正したいと思っても、夫がいるときとなるとなかなかできなかったり。

息子のものも、年齢やそのときの興味に合わせて、オモチャや本を片づけたり、取っておいたのをだしたり・・・本当に年中こんなことしているなー。 あと息子が描いた絵や工作も捨てられず溜まってしまう。

だんだん寒くなってきたので、もうすぐ冬物だす時期かなー。

ブラインドとか家具の上の方とか、3年分埃がたまっている箇所があるので、それもきれいにしないと。 いっぺんにはなかなかできない。 

あ、先日新しい掃除機を購入しました。 引っ越してきたときに購入した充電式のものは安物だったから首の部分が壊れてしまった。 3年の寿命でした。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ようやく息子の学校の新学期が先週の火曜に始まりました。(月曜始まりにしてくれよ・・・) 週末にクリスマスとお正月のものを片づけ、ばたばたしたクリスマス気分も抜け、心機一転で新しい年に臨みたいところです。 

ヨーロッパではクリスマス気分って11月半ばから始まるのですが、その頃はまだいろいろ楽しいことを思い描いて計画するのですが、いつもクリスマスに向かうにつれ修羅場になります。 それに加え散々なことが続いたので、気分を切り替えたい!

まず、家族全員かかった流感。 1か月ほど続いていた息子の咳が私にうつったのは12月の半ばですが、いまだ続いています。 かなり激しく咳き込み、それが長く続くので、肋骨の辺りに拷問のような激痛が走るようになり、咳をするのも恐ろしい。 常に鼻詰まりや痰が絡んで不快なうえに味が分からないので、せっかくのご馳走も楽しめません。 クリスマス前には夫にうつり、まったく同じ症状。 熱はなく、激しい咳が長く(3~5週間)続くのが、この冬の流感の特徴だそうで、息子はクリスマス前には完治しましたが、私たち親の完治はいつ・・・

それから、突然不通になった自宅のインターネット。 12月16日の日曜の朝にインターネットの状態が不安定だと思ったらつながらなくなり、そのまま。 契約しているインターネット会社に(夫が)連絡したけど、最初に送ってきたのはルーターの電源ケーブルで、そこを取り換えても同じ。 ルーター自体が壊れているんじゃないかと思うのだが。 20日の木曜に再度電話をし詳しく話したところ新しいルーターを送ってくれることになり、しかし今、時は週末とクリスマス(25日と26日が祝日)。 運送の方が23日~26日まで5連休でようやく届いたのが27日の木曜。 この間に私は仕事が入っていたのですがキャンセルするはめに・・・。 メールのチェックはタブレットを持って公共の無料Wi-Fiを使ったのですが、ノートパソコンの方はセキュリティがかかって無料Wi-Fi使えず。 本当にこれには参りました。 なんで、この時期にぃ・・・です。 仕事が絡んでいたので、かなりストレスでカリカリ。

その騒動の最中に日本から妹が数日遊びに来ました。 楽しみにしていたのですが、風邪とネット不通で私は良いコンディションではなく、妹とは微妙に趣味が異なっていたりして、私はクリスマスの雰囲気を楽しんでもらいたとそんな所を案内したのですが、実際は妹は興味なく、私は町にある新装開店したカフェが気になっていたのですが妹は興味ないだろうと連れて行かなかったら、実は妹は外国のカフェに行くのは好きであったと帰る直前に知ったり。 わざわざ来てくれたのに、物価が高いのでお金を使っただけで無意味だったのではないかと、私の方が不完全燃焼な気持ちが残ったのでした。 

妹は日本から風邪薬持ってきてくれたのですが、まったく効かず(やはりこれは風邪ではない)、日本のお菓子や食べ物も繊細な味が分からない状態なので、手つかずのままです。 

息子の冬休みは12月22日に始まり、21日は教会での終業式で親子で参加予定だったのですが、親の咳が酷かったので行かず。 私は風邪とストレスが要因で夜なかなか寝付けなく、朝は8時過ぎても暗いせいもあり、なかなか起きれない。 学校がないせいもあり、息子も同じように遅寝遅起きダラダラ過ごす・・・という悪循環。 

週末と祝日使える公共の乗り物の1か月パスを息子に購入したので、それを使ってなるべく出歩くようにしました。 以前住んでいた町にも何回か行き、古くからの友人たち(息子と同じくらいの子供がいる)や保育園の友達に会ったり、1か月に1回ほどしか行けない夫の実家にもクリスマス含めて数回行ったり。 

体調は万全でないけれど、熱はないので出歩くのは苦ではなく、むしろ家に居る方が長い休みはストレスになるので。 しかし夫は1月1日~6日まで休み取ったのに、風邪と仕事疲れもあり、息子を連れ出していたのは私ばっかり。 息子も私とばっかりでは面白くなく、私に反抗的になり、夫に甘え。 普段常に接しているので、私は息子に対し怒ったり正したりしてばかりだもんね。

そんな長~い12月と冬休みとダラダラの年初めがようやく終わり、これから新しい1年を築いていきたいと思います。 (その前にこの、咳の症状はいつ治るのだろ・・・)
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

新学期、新学年の始まりって長い夏休みの後でもあり、いろいろ親がやることがあり。 9月の半ばに保護者懇談会、そのすぐ後に三者面談、先生方の研修で学校休みの日も。

そして早々に届いた病院から息子への「呼び出し状」、1枚は児童精神科から発達障害の検査(通知が届いた2週間後!)、1枚は耳鼻科の医師と聴覚測定の診察(新しい病院で9月下旬)、1枚は歯医者の定期健診だったのですが、それが以前住んでいた町の歯医者。

歯医者に連絡し、今住んでいる町の歯医者に登録と診察日の予約。 学校には病院へ行く日に学校を休むため所定の休暇届を1枚ずつ提出。 そして児童精神科には、夏休み(日本で)あったことや息子の変化などレポートにしてまとめて・・・

夫は同僚が夏休み中のため8月~9月最初の週末まで土日出勤。 しかも9月初めの土日は仕事が立て込んでいるうえ鉄道の整備で電車が運休(バスに乗り換えたり、通常より大幅に時間がかかる)ため、友人の家に泊めてもらい家には帰らないことに。 でも、この週末を乗り越えれば、夫の仕事の方も落ち着くなと思いながら過ごしていた日曜日。

夫から電話があり、「これから帰るけど、実は昨日は救急車で運ばれ病院にいた。」

5月から突然、筋肉痛でもないのに筋肉に激痛が走るようになった夫。 病院でも検査したけれど、どこも悪いところは見つからず、原因不明。 それでも症状は酷くなるばかりで、専門医に見てもらう手筈をとってもらっても、順番待ちで何か月も先になる絶望的な状況の中。 職場で一人でいたところ突然襲った激痛のため倒れ、電話は出来たので上司を呼ぶと自宅からすぐに来てくれ、状況を見てそのまま救急車を呼び、病院で半日精密検査。

内臓等は健康なので「死ぬことはありません」という診断。 しかし痛みは常にある状態。

そんな中でも火曜日、家族3人で息子の病院(児童精神科)へ。 
(痛みをおしている夫。 風邪ひいたのか鼻をすする息子。 息子の風がうつったのか、咳が止まらない私。 病気3人組。)

息子のことは、やはり夫が中心にいてくれないと、この国の常識や言語に不自由な外国人の私のみの私では不安なんですよね。

しかし始まったばかりの息子の小中学校生活(あと9年ある・・・)、今後は私も積極的に介していかないといけないですね。

と思うものの、楽しかった日本の夏の余韻で、また雨がしのつく鬱な季節の始まりで、こっちの生活にいまいち調子が出ない息子と私です。 
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

欧州の秋~冬は日照時間が短く、天気も悪いので、どんより暗い日が続き、それに伴い気分も落ち込んだり鬱状態になる人が多いです。 現地人でさえそうなんだから、慣れない日本人にとってはもっと辛い。

といっても、私の方はそれには慣れて特に支障はなかったのですが、今、どんより落ち込みが続いています。

引っ越して環境や生活リズムが変わったせいが大きいかと思いますが。

なんといっても、朝起きられない。 学校は8時半に始まるので、その10分前に来るよう言われているので(早く来過ぎてはいけない)、息子も7時近くまで私と一緒に寝てしまう。 相変わらず夜はなかなか22時近くまで寝付けずにいる。 寝付けないのは息子で、いまだ添い寝がないと寝れない息子と一緒に、長距離通勤で疲れている夫が早々と9時にベットに横になると、息子より先に寝てしまうんです。 「(鼾が)うるさくて眠れない」と、息子は起きてくる始末。

夫は朝は早く5時前に家を出て行くので、私は夫と話したいことがあっても、話す時間もまったくない。

息子は家にいる時間が長くなったせいで、家でテレビを見る時間が多くなってしまったし。

知人もいない土地に引っ越し、息子の学校は特別学校なので多くの生徒は別の地域からタクシーに乗って通学しているため、息子には(放課後一緒に遊べる)地元の友達がいない(しかもうちの近所って、子供を全然見かけないんですよね)。

唯一、学校外で交流を見つける場所が、地元の教会だったわけですが、、、 前の町の教会でやっていた合唱も続けたかったし、同年代の子たちと交流するアクティビティーもあったので、それに参加したのですが、、、 どっちも上手くいかなかったため、これが私にとって悩みと落ち込みの種になってしまった。

教会のアクティビティーで分かったこと(私が感じたこと)は、ここの子供たちは性格が悪い、ここの人たちは排他的?、息子は普通の同年代の子供たちは言動が異なり、中に入っていくのが難しい(←息子本人は分かっていないので、本人はいつもハッピー。 いわゆる、空気が読めない子。)

私はここの教会の人たちにまったく信頼を置くことができなくなってしまった。 (私自身はクリスチャンじゃないけど、息子は洗礼を受けているし、夫は教会税を払っているし、アクティビティーの多くは無料で、教会は地元に密着した存在でもあるので、関わっていくのは息子にとって良いと思っていたのです。)

どのみち、来学期は息子は放課後にS校の「学童」に通うことになったので、教会のアクティビティーには参加しないことになったのですが。

なんて書いているうちに、(フリーの)仕事が舞い込み、落ち込んでいるヒマがなくなってしまった。 もう少し息子から手が離れるようになったら、私もフルタイムの仕事を持った方がいいかも。 ここでは難しいですが。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


ブログを書くのは久しぶり、何か月ぶり? 2か月振りかな? (正確には2か月半ですね。) 夏の間は、息子の夏休みと引っ越しで、てんやわんやでした。 今でもこの混沌は続いていますが(笑)。

息子のS校(難聴児のための特別支援学校)入学が決まり、S校がある町に新居(賃貸)をようやく見つけ、そこの契約は7月から始まり、住んでいたアパートの契約は9月いっぱいなので、7月から数回に分けて引っ越しをすることにしました。

しかし、息子の保育園を6月末で退園にしていたんですよね。 7月から学校が始まる8月下旬まで、1日中息子がまとわりついているから、引っ越しの準備もままならないし、どっかに遊びに連れていかなくちゃいけないし。 (まだ一人で遊ばせるのは無理。) ときおり友人家族に預けたりしましたが、みんなも夏休みだし。 (ああ、こんなことなら保育園の契約7月末までにしておけば良かった。 でも息子は、保育園は好きじゃなく、早く辞めたいとの希望だったし。)

また7月は、私のフリーランスの仕事がけっこう入ってしまい、夫の夏休みは8月からなので息子の世話は頼めない状況なのもキツかった。

引っ越しは、業者に頼まず、全て自分たちでしました。 第一弾は7月9日に友人が会社のトラックを借りてくれ、第2弾は16日、夫の兄が会社のトラックを借りて、普段あまり使わないものから搬送。 以前の住居はアパートの4階、今度の住居も4階、どちらもエレベーターなし。

それに荷物が、かなりの数。 何が一番多いかというと、夫の本とホビー関連! 私のものは比較的少ないですが、14年も同じところに住んでいると、なんだかんだ物は増えています。 それに私、勿体ないからと、なかなか捨てられない性質。 なるべくスッキリさせたかったんだけど、なんだかんだ持ってきちゃったものも多く、新居もあっという間に物で埋まってしまいました。

新居は一部屋増え(息子の部屋)、大きな納戸とクローゼット・ルームもあるし、床のフローリングは全て新しく、壁も全て白できれいに塗り替えられ、窓もブラインドも新品。 アパートの建物自体は古いのですが、内部は全て新しいです。 そして、部屋の中は明るく暖かい! 以前のアパートは、なんて暗くて寒かったんだろうと改めて思いました。 窓が大きく新しいし、隣の建物と距離が離れているので光がタップリ部屋の中に差し込むんですね。

小さな町なので、また私たちが住んでいるのが繁華街とは反対側なので、建物(アパート等)との間にスペースがあるのです。 以前は都会に住んでいたので、これは驚きで新鮮でした。 建物が密集していないので、ゆったりし、静かで落ち着いているのも、気に入っています。

近くに大型スーパーがあるので、買い物にも困らないし、駅まで5分(夫は長距離通勤となる)、息子の学校まで5分という立地も文句なしです。 (しかも4階だからか、家賃が安い。)

と、今は満足していますが、引っ越しまでは大変でしたし、引っ越してからも大変。 最終引っ越し日がなかなか決まらず、やきもきし、8月7日に再びお兄さんの助けを借り、無事終了。 夫も8月いっぱい(正確には7月最終週から9月の第1週までの6週間)夏休みをとったのですが、引っ越しに始まり引っ越しに終わるって感じで、仕事するより疲れていましたね。 その元凶は、引っ越しそのものより、常にまとわりつく息子だったのですが。

息子も遊ぶ友達はいないし、親はかまってくれないしで、かわいそうでした。 早く学校始まらないかな~とみんなで思っていましたよ。

私は、完全に生活の場を新居に移してからも、毎日以前の住まいに通って掃除。 その甲斐があり、インスペクションは1回で合格。 ほっ。

息子の学校は8月23日から始まり、夫の仕事は9月5日から始まり、今日はようやく自分の時間が取れ、ブログを書いています。

まだ部屋の中は、蓋が開いて中身が半分詰まった段ボール箱が散乱しているし、棚の中も、ひとまず入れたという状態だし、引っ越しはまだ完全には終わってないのですが。 (とても人様を新居に招待できる状態ではない。) 

8月は寒く(12℃)雨がたくさん降っていたのに、9月に入ってから気温が上がり(25℃)日に焼けるほどの晴天が続いているのも調子狂います。 夏物が仕舞えないし、部屋もインテリアを秋~冬にしようと思っても、外は夏日だし。 例年なら9月はずいぶん秋の気配になるのに。 新居に越して1か月ですが、すっかり整うのには、また1か月はかかるかもしれませんね。

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

一難去ってまた一難って本当で、息子がS校に入学できることになり、喜んでいるところで、次の難関。 S市での住居探し。

S校は近隣の県外からも広く生徒を募っているS市の公立学校。 多くの生徒はスクールタクシーに乗り1時間~1時間半かけて通学しています。 このスクールタクシーは基本的に児童が住んでいる市がチャーターし費用も払う。 しかし、私たちが住む市では、市外へのスクールタクシー代は一切払わないし、S校に通うことに対して何の補助もなく、無理解というか無視状態というか、行かせないよう圧力までかけてくるらしい。 とにかく、この市の対応はS校や難聴児支援センター側からも不評、不信感、問題以外のなんでもないという有様で、ここに住みながらS校に通うのは親や学校にとって闘いの日々。

夫は、そんな面倒背負い込むよりS校のあるS市に引っ越そうと即断し、今年に入ってから賃貸アパートの物件を探し始めました。 最初、すぐに見つかると思ったのです。 しかし、半年が過ぎようとしているのに見つからない。 小さな町なので、出てくる物件も少なく、申し込んでもなしのつぶて。 (ネットに空き物件の情報が出てくるので、そこで登録し連絡を待つというやり方。)

ここから遠く、知人もいない未知の町ゆえ、情報もない。 3月の体験入学のとき、夫はその町大手の不動産会社のオフィスを訪ね、自分たちの状況を説明し、対応してくれた人は夫の登録に優先マークをつけてくれたそうだけど、その後も物件は出てきて申し込むものの、連絡なし。 これじゃあ、学校が始まる8月下旬までにS市に引っ越すのは無理。 ここから通学するしかないと夫を諭す私。

夫は、タクシーバス代は高いし(実際にいくらか知らないが)、面倒な手続きをしたくないので、毎日息子を学校まで電車で連れて行って迎えに行くと言い張っていたが、それをするのは、結局私でしょ! しかも、息子が授業中は、どうしているの? 1時間半かけて行って、授業時間は3時間半~5時間くらいで、また1時間半かけて家に帰るなんて、出来るわけない。 S市に住居が見つかるまでの間、ここからスクールタクシーで通うのが妥当だと説得する私。

先日の体験入学のとき、夫は再び不動産会社のオフィスも出向きました。 ちょうど前日だかに、S校まで徒歩5~10分、駅まで徒歩5~10分という絶好の場所に空き物件が出ていたので、状況なども聞きに。

対応してくれたのは前回と同じ人で、既にこの物件には80人の申し込みがあること、S市はここ何年も新しい住居(賃貸マンション等)を建てていないけれどS市への入居希望者は多く(移民や難民も大量にこの国にやって来るし)、住宅難であることを説明され、絶望的。 息子を迎えに行った折、校長がいたのでその旨を伝え、校長も(S市に住まいが見つかるまで)私たちが住む市からスクールタクシーで通学できるよう市の説得に入ると言ってくれました。

その翌日の金曜日、夫は仕事、私は2日目の体験入学で息子を連れてS市へ行ったのですが、夫の元に例の不動産会社から電話。 「今から例の希望の物件を見に来ていいよ。」 今からって言っても、自分は抜けられない仕事中で、S市に行くのに1時間半はかかると言うと、慇懃無礼な電話の主は、それでも、住居の見学を来週にしてくれたそう。

S市は遠いので、希望住居の見学に行くには、仕事を休まなくちゃいけないし、交通費もかかる。 今後何回これを繰り返すのだろう、、、と不安になりつつ、ようやく見学まで漕ぎつけたことを喜びました。

で、翌週、再びS市へ。 不動産会社からアパートを見せてもらった夫から電話。 「けっこうボロいしエレベーターなしの4階だけど、寝室は2つあり広いクローゼットも二つある。 このまま契約に持っていけそうだけど、どうする?」 私は、学校と駅に近いロケーションは最優先だし、何度も足を運ぶ必要もないから、そこに決めようと返事。

そして、契約へ。 不動産会社の方は、夫に料金滞納の経歴や負債もなく、職場も堅実なのを見てとり、それから、「ところで、あなたはこの国の人? 苗字がちょっと変わっているけど?」と質問。 夫の父は他のヨーロッパ出身なので、この国の伝統的な苗字とはちょっと違っている。 でも「同国人ですよ」と出身地(県内にある小さな田舎町)を告げると相手は納得し、「同国人なら、大丈夫、信頼しよう。 (職場などへの)リファレンスも必要なし。」とスムーズに契約成立。

今住んでいる都市は移民や外国人が多く、この国の伝統的な苗字でない人たちが多いから、そう見られたのかな。 でも、伝統的な同国人だからとすんなり信頼しちゃうことがまかり通っているのね、この町では。 という思いが私の胸を横切ったのでした。

契約は既に7月1日からで、今住んでいるアパートの契約は3か月先までとなるので、3か月分の家賃を2重に払わねばならないのが痛いけど、とにかく、決まった~。 

入学、住居、とクリアし、次は引っ越し、新しい未知の町と生活に慣れるという難関が続いていきます。

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

難聴児の親のためのレクチャーに参加したのは、私の他に7人。 そのうちの二人は通訳者を介して受講し、子供を連れて来ていたので、途中で帰ってしまいました。 (一人は小学校低学年位の子で、もう一人は中学生くらいで、身体精神共に障害が見られました。 静かにしていましたが、子供達にとってただレクチャー聞いているだけなんて苦痛でしかありませんよね。)

後は現地の人。 私は、移民の外国人で、現地語はネイティヴではないという立場。

男性(パパ)2人、女性(ママ)3人で、全員住む地域は違います。 最初の自己紹介のとき、私は息子とは日本語で話していて、息子はパパとは現地語で話していると言いました。 男性の一人は奥さんがタイ人で、難聴の娘さんはタイ語や英語も理解すると言っていました。 お子さん達のうち二人は既に小学校1年生のようで、あとの3人は息子と同じく来年小学校にあがるようでした。

レクチャーが始まって、医学的な話から聴覚の話しに移ってからだったかな、もう一人の男性が学校についていろいろ質問し始めました。

質問というより、娘さんが通っている学校について文句を言い始めたのです。 学校では、娘のために補助的な器具を使ってくれない。 学校は何も対処してくれないと。

私は、それはおかしいと思った。 公立の学校では、難聴児童への適切な対応やサポートが義務づけられているし、学校に対して指導し、生徒の助けとなるアドバイザーも各々の自治体にいるはず。 その人たちが学校に出向いて必要なことはしてくれる。 私はそう(サポートチームから)説明を聞いていましたし、やはりレクチャーの講師も同じことを言いました。 

でも、その男性は、それからも学校に対しての不満や文句を言い続ける。 レクチャーの講師たちが言っていることなんて、理解しようとせず、自分の主張を言い張るのみ。 日頃の鬱憤を晴らしたいだけのよう。 

(私の内心の声) ここでそんなこと言っても仕方ないだろう。 レクチャーの講師たちでなく、自分たちの担当のアドバイザーに相談しろよ。 この人たちでなく、学校を責めろよ。 (あ、言葉遣いが、、、汗)

すると今度は、こんなことを言い始めたのです。 「娘の学校には日本から来た数学の教師がいる。 日本からというのが悪いというんじゃないんだが、その人はすごい日本語訛の現地語を喋る。 あんな発音で何言っているのか全然分からない。 そんなのの授業を受けるなんて、うちの娘にとって破滅てきだ。 どうすりゃいいんだ。 あんな話し方で内容が分かる訳ないじゃないか。」

(私の内心の声)そりゃ、私に言ってるのか? 私に対する当てつけか? 

レクチャーの講師は??な感じで「訛と聞こえは関係ないけれど」と言っていましたが、ただ自分より弱い者に対して文句言って鬱憤晴らしたかっただけなんでしょうね。 学校に対して強く言えないから、ここで大声張り上げているのか。

もちろん、私は嫌〜な気持ちになりましたよ。 も一人、その男に媚び売るような態度の女性もいて。 

自分が何言われてもいいけれど、問題は、子供に害が及ぶということです。もしこの父親が家庭でもこんな態度でこのようなことを言っていたら、その子供にも影響を与えます。 その子供も同じ態度を取り、同じようなことを言うでしょう。 自分が聴覚障害という負い目がある鬱憤を、他の子に難癖をつけて苛めて発散するという行動にでるかもしれません。 (で、うちの息子が標的にされる可能性も。)

親がしっかりしなくちゃいけないのに、この父親は、本当に娘さんのことを考えているのか? そう思うと、その娘さんのことも可哀想に思いますが。

そういえば、難聴者はどう聞こえるかというDVDを観て、講師が「どう思いますか」と聞いたとき、一人の母親が「悲しい」と言い、もう一人も「悲しい」と言ったので、耳を疑いました。 講師が「何故」と聞くと、「こんなに聞こえないとは思わなかったから」って。

私が最初に思ったのは、それって、この人たちに失礼じゃ、、、 こちらの講師陣達も同じく聴覚障害で、こういう風にしか聞こえないわけで、その人たちに向っても「あなた達は悲しいわ」って言っているわけで。

それに「悲しい」って、親が我が子を哀れんでどうする。

私は、息子の聴覚について「悲しい」なんて思ったことなかったし、この親の答えに、悲しくなりました。

外国に住むということは、人種差別と偏見と嫌悪の対象になるという勉強にもなったレクチャーでした。 (普段は、外国人や移民が多い都市部に住んでいるので、あまり気にしてなかったんですよね。)
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ 

このページのトップヘ