クリスマスの時期(12月1日~24日)に毎日小さなプレゼントをあげるアドベントカレンダー、息子にあげる小物や雑貨を日本に帰省したとき100均で買ったりします。 そのなかの一つ、実験キット「光るアメーバージェル」というのを冬休み中に作りました。

実験というものは、やりました、できました、で終わりではありませんよね。 大切なのは、なぜ?どうして?という考察と探究心。(知育に踊らされる私。)

説明書に「どうしてできるのだろう」「どうして光るのだろう」「やってみよう、しらべてみよう」という解説が載っているのを見て、鼻息荒く息子に「これから光るスライムを作るわけだけど、あー光ってるー、おもしろいねーって、それだけじゃあないよね。 作った後に、他になんて思う?」と聞いてみたところ・・・

息子、小首をかしげ「・・・あー疲れたなー、とか?」

ママ、一気に体の力が抜けました。

しかも、(実験の材料を)捏ねるのにけっこう力が要り、息子途中で放棄、一生懸命捏ねた私は、息子の思惑通り、疲れました。

後半は私が寝込んでしまったし、知的好奇心や新学期の学習に対する意欲なんてものを、またも植え付けられぬまま過ぎてしまった冬休み。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ