もう七草も過ぎてしまいましたね。 今日から息子は学校です。 

はぁぁ、と深呼吸、というかため息か・・・

新年早々風邪をこじらせ寝付いてしまいました。 大晦日に「風の前兆」に気づき、元旦はつつがなく過ごしたのですが、2日のお昼ごはんを済ませてから熱が出てきてベッドに横になったら、それっきり5日まで起きられなくなってしまいました。

熱はそれほど高くないし、ゆっくり休めば自力ですぐに回復すると思ったら、こんなに長引くとは。 年齢のせいかな・・・ 市販の薬を飲んでようやく。 

冬休み中で息子が家にいるので、息子の世話もしなくちゃいけない。 世話といっても、食事させたり外に連れ出したり・・・ もう10歳になるので、親が病気になっても自分のことは自分で出来るようにさせなきゃ、とつくづく痛感いたしました。 ほっといたらパジャマのまま1日中ゲームしちゃうもん! でも、近所に友達もいないので、一人で外に遊びに行くこともできないんですよね。 それが一番かわいそうに感じました。 こんなときママを家に一人で静かに寝かせて自分は外に遊びに行けたらいいのですが。 

火を使う料理はできなくても、簡単に自分で食べられるものを用意するようにさせたいです。 でも、お菓子しか食べないような・・・ 3日は朝から起きれず、お昼に息子のため、なんとか素麺を茹で、つゆを作り、テーブルの上に置き、私はまた横になり(食欲もなく丸2日何も食べられなかった)、しかし息子は一人で台所で食べるのが怖いと泣く! オンラインゲームをやっていたら怖いCMを見てしまったからと! そして、ベッドの上に座って泣きながら私の横で素麺をすする息子・・・

それに息子、まだ一人で寝られない。 パパとママのベッドで寝るんですね。 私はというと夫婦のベッドの横に、床の上にマットレスを敷いて、そこで寝ていました。 風邪うつすのが嫌だったせいもありますが、病人なのに床の上って・・・)

4日と5日は土日で夫が家にいたから全てまかせて私は寝ていましたが、ゴミは溢れる部屋の隅には埃が溜まっている、6日に起き上がってまずすることは掃除・・・

つくづく大変だったし、今後のこともいろいろ考えた新年早々の寝正月。

しかし正月だけでなく冬休み中「遅寝遅起き」になってしまった息子、だけでなく私も。 朝起きられない。 朝は8時過ぎまで(日が昇らないので)真っ暗だし、日が昇っても暑い雲に覆われ外は暗く日を浴びることがないので、息子と二人ベッドの中でまどろみ続け、気が付くと9時近くになっていて、そんなこんなで夜はなかなか寝付けない。 夜寝られないから朝寝ちゃうというパターンに陥る。

今朝はきちんと起きて学校に行きました。 学校が始まり、ほっとしています。 はぁぁ。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ