新学期、新学年、新しい学校が始まって正味2週間が過ぎました。 

初日(水曜)は、朝「学校行きたくなーい」とベッドでぐたぐたするものの、時間になれば登校(登下校、私も一緒)。 あまりやる気なく、先生は他の生徒(6年生男子3人と、息子と同じ3年生女子1人が全校生徒で先生は6人)とも一緒に勉強させようとしたけど、一人の方がいいと個室で。

しかし続く木曜と金曜は、けっこう順調で他の生徒とも仲良く遊び、問題なく終了。

翌週の月曜、迎えに行くと庭で1人佇んで私を見ても無視(家を改造した学校で広い庭付き)。 案の定、今日は機嫌が悪く調子が出なっかったらしい。 音楽の時間にV校(隣接する普通校、息子が通うB校はV校の特別クラス)の音楽室に行ったけれど、以前S校で使用していた音楽室と違う、ここは嫌だと言い出し授業放棄をしたらしい。

息子が通っていたS校(聴覚障害児のための特別校)もV校と隣接しており、食堂、体育館、音楽室等の特別教室はV校に行って使用。 B校も同じなので、S校に行っていた頃と代り映えのない活動区域となります。

それから先生は同学年の女子と一緒に勉強やアクティビティをさせようとしても、息子は年上の男子たちと遊びたがり、女の子を無視。(まぁ、その気持ちも分かるけど。)

しかし続く火曜~金曜は順調。

火曜の1時間目は日本でいう「家庭・技術」という科目が新しく始まり、この授業は隣接するV校のミシン室を使用。 しかもS校の3年生の生徒(つまり息子の旧クラスメート)と一緒。(日本でいう交流クラス?というもの?) 水曜は体育、木曜は車で隣町のプールに行って水泳の授業、金曜はお菓子などを作り皆でお茶して終了。 最初の週は先生の、翌週は生徒の一人の誕生日があり、ちょっとしたパーティーをしたそう。 月曜~金曜まで、8時20分~13時20分で学校は終了。

こんな至れり尽くせりの、日本だったら公立校でありえない待遇なのに、それでも息子は学校に乗り気じゃない。 (学校がというより勉強するのが嫌なようだ。 学校行っても遊んでいたいんだな、本心は。)

今週の月曜は、月曜だからか、またまた学校行きたくないで始まり、勉強もやる気なし、男の子の一人とタトゥー(刺青)について言い争いが、引きし離して別のことをさせなきゃいけなかったそう。 (なんでも息子は「タトゥーをしていると日本に行けない」と言い、相手はそんなことないと言い、息子は「タトゥーをしていると入管で拒否されるんだ、ママが言っていた!本当だ!」と言い張り・・・ こっち(欧米)って、粋なファッションとしてタトゥーを気軽に入れ、タトゥースタジオもオシャレな美容室という雰囲気でガラス張りの中身丸見えで街中にあったりするから息子も「したーい」と言う。  なので、「絶対ダメ、日本に行けなくなるよ」と口を酸っぱくして言い包めていたら、こんなことになるとは・・・)

息子は「僕の中にいろんな○○(息子の名)がいて、悪い○○が出てきちゃうんだよ。 そいつが出てくると勉強しなーいって、勉強しなくなっちゃうの」とか言い出し・・・多重人格か!? まじで多重人格の要素が出てきたのか、ただ単にどっかから多重人格のことを知り、言い訳として言っているのか。

昨日の火曜の朝も起きるのに苦労し(以前は寝起きは良かったのに、最近朝起きられない)、目が座って「学校行かない」と言い、私に対して暴力的になり、このままじゃ本当に困ったことになると私は頭抱え、しかし10分前になるとササっと支度し学校には行った。 そのときは機嫌も良いので、やっぱり多重人格か!?と思ったり。

朝からそんなだったから昨日も学校で問題行動ばかりで、ミシンの時間も自分はササっと課題が出来たら他の生徒を待っていることができず、先生と早めにB校に帰ることになったり、その後の授業やアクティビティも他の生徒だと集中できないようで、私が迎えに行ったときは、また庭で一人で遊んでいて先生二人が傍で話し合っていました。 

結局これからはもう一度ルーティンを徹底させ、それが身についてから次の段階に進めることにするとのこと。 B校は息子の状況・状態を理解し臨機応変に対応することができるから、本当にありがたい。 S校の場合(どこの学校でもですが)クラス全体の調和を重んじるから、その点は日本の学校と同じなのです。 B校だって所詮、社会に適応し普通の学校に通えるようになるための施設に過ぎない。

去年日本で見た公共のCM、ベトナムかどっかの8歳くらいの女の子が、行商や家の仕事を手伝い学校に行ったことがない、私も学校に行って勉強したい・・・すべての子供たちが学校に行ける世界に・・・といった内容だったのですが、私は「学校が子供を殺す場にもなるよね・・・」と思ったのでした。

うちの息子なんて、学校に行って勉強するより、自分に合った仕事を覚えて働いている方が幸せなのかもしれない。 勉強が苦手、出来ない子たちにとっては、10年近くある義務教育、それ以上の教育がないと仕事がない(稼げない)社会も苦痛かなと思ったりします。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ