先日新しい言語聴覚士さんにお会いした時、吃音以外に気になることがありました。 息子、先生と目を合わせて話さないのです。 いつも通り、初めて会った人でも親しげで、話は聞いていて質問にも答えている。 でも、始終落ち着きがなく(これもいつも通りですが)、アイコンタクトをしない。

先々月の聴覚測定でも同様でした。

そして突然、言語聴覚士さんの(半袖のため素肌の)腕にむしゃぶりつき自分の頬を押し付けてスリスリ!

実はこれも珍しいことではなく、いつもしていること。 それゆえに、私が疑問、心配に思っていること。 息子は常に「スキンシップ」をしたがる。 ぎゅーと抱きつくハグはもちろん、素肌がでていれば特にそこに執着、素肌と素肌と接触させ感じたがる(?)まさしくスキンシップ。 小さい頃、3,4歳の頃からかな、だんだんエスカレート。 年齢と共に、さほど過激ではなくなりましたが、現在7歳でもまだしている。 初めて会った人にもする。

特に病院に行くと、お会いする全ての先生方は女性で、着用している白衣はゆったりと腕が露出しているため、息子は必ず素肌の腕にスキンシップを試み、私の方はギョッとします。

新しい言語聴覚士さんから「心理士さんには会っているの?」と聞かれ(息子のデータに以前心理士さんと面会していたことが載っている)、「あれは難聴が分かる前にアスペルガーやADHDなどの発達障害を疑っていたときのことで、難聴が分かった時点で止めました(それにあの心理士はまったく役に立たなかった←私の心の中の声)」と説明し、先生も「そうね」と頷いていたのですが、私の中でまた息子の「難聴以外の問題」がむくむく湧きあがりました。

S校の担任の先生からは、2週間ごとに貰ってくるニュースレターに、念を押すように「どんな些細なことでも気になることがあったら相談してください」、「これから学校のソフト(教師、生徒、保護者がそれぞれアカウントを持っている)をどんどん使っていきます」とあったので、早速そこからメールで、言語聴覚士さんと会い息子の吃音について連絡を取りたいと言付かったこと、そして私が気になった息子の言動について書いて送信すると、すぐに「では再来週の木曜に、息子さん抜きで、会って話し合いましょう」と返信がありました。

息子は社会性やコミュニケーション能力に「?」な部分があります。 特に気になるのが「人との距離感」。 例えばこの前も、公園で遊んでいたら別の家族がやってきて母親が「こんにちは」と愛想よく挨拶してくれたのですが、息子はこれを自分をかまってくれる人と判断しのか、この女性にいろいろと話しかけ(自分の名前や学校のことなど)、カバンを開けて学校のノートなど見せ始めました。 まったく知らない人に、このように親し気に話しかけてしまいます。 2,3歳くらいなら分かるけど、7歳でこれは・・・ 子供に対しても、そう。 見知らぬ子供同士で遊び始めるのはよくあることで良いとして、でも明らかに相手が嫌がっていたり、相手にはグループができていて、その中に入ることができない場合でも、気にせず(分からず)一緒に遊ぼうとする。

特にこのような兆候が酷かったのは、引っ越しと入学で変化があった夏頃でした。 6月末で保育園を止めたので、学校が始まるまでの2か月間はほぼ私と二人っきりで過ごすことが多く、学校が始まっても授業は3時間半のみですぐ帰ってくるので、1日の大半は私と二人っきり。 新しい土地で友達もいない。 また息子は家で遊ぶ兄弟も、イトコもいない。 祖父母やおじさんおばさんのような親戚も近くにいない。 人と接し信頼関係を築くことが極端に少ない環境にいるせいもあるかも。

5歳まで難聴であることが分からず、本当にコミュニケーションが始まった(学び始めた)のは補聴器をつけ始めてだからしょうがない、とも言われましが、やはりこのままでいいのか不安。 でも、これを誰に相談したらいいの? 言語聴覚士? 心理士? それともスペシャルカウンセラー(特殊教育専門家)?

ちょうど、そんな不安と疑問に苛まれていた10月、学校の身体測定がありました。 S校及び隣接の普通学校付属の養護教諭(保健室の先生)及び校医と保護者同伴での健康診断もあり、夫が行ったのですが、そのとき上記の問題を聞いてみることにしました。 

養護教諭は話を聞き、総合病院にいる聴覚障害と発達障害を併せ持った子のための特別心理士のパンフレットをくれ、また「S校の先生方とは月に1回ミーティングを行うので、息子さんのことを聞いてみましょう」おっしゃり、1,2週間して、そのミーティングがあった直後、息子の担任の先生から電話がありました。

S校には両親が働いている生徒のために学童があり、そこに特別な名目のもと息子を放課後2時間入れてはどうかとの提案。 他の子供たちともっと長く一緒に活動する場や時間を持つべきであろうと。 しばらく様子を見、必要であれば特別心理士などを病院から呼び、息子の学校生活を見てもらって判断するようにしたいとのことでした。

息子の学童が始まったのは今学期(1月)から。 そのことも合わせ、今週は担任の先生お二人と、私と夫でミーティングです。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ