バイリンガルで聴覚障害と発達障害

5歳で感音性難聴が分かったバイリンガルハーフの息子、難聴学校に入学。 その後、発達障害(自閉症)の診断も出ました。 親としての備忘録、息子の成長の記録、欧州で暮らしているので日本とは言語も環境も異なりますが情報共有としてブログを始めました。

2020年02月

先週は学校が(定例の)2月休暇。 1週間の休みと言っても土日入れて計9日間も息子とどう過ごそうと毎回頭を悩ませます。 休暇中は自分のことはおろか家事だって滞るし。 夫は仕事だし体調が悪いというので、全て私が息子を連れて祖父母に会いに行ったり、以前住んでいた町の息子の友達に会いに行ったり、博物館に連れて行ったり。

この休暇を利用して息子の現地の新しいパスポートの申請。 初めての理学療法士の診察。

しかし、1週間学校が休みだと、やはり息子もダレてくるし、家の中で私と過ごしているとフラストレーションも溜まってくる態度になるし、でも私だって毎日外に連れ出すこともできないし。

木曜の夜は(1月から始めた)空手に行ったところ集中できずに新しく見学に来た年下の男の子とふざけてばかりいたり、金曜の昼間に図書館でデジタルゲームをする催しに行ったらゲームを長い時間したうえすぐに止めることができなかったり、金曜の夜に教会の子供たちの集まり(B校のクラスメートの兄妹が行っていて誘っていただき、昨年末から時折行くようになった)に久しぶりに連れて行ったらば、映画鑑賞中にクラスメートとふざけて騒いでいたとか・・・(その兄妹のお母さんが役員としていてくれ、聞いた話。)

やはり、大勢の子供たちがいると、遊びたくってテンションあがってコントロールできなくなっちゃうんだな。 他の子供たちと交流を持たせたいと思っても、そういう輪の中ではしゃいで自己中心的な態度を取ってしまうので連れて行けない・・・というジレンマ、いつまでこれが続くのかという落胆。 

そして休暇の後は「学校行きたくない」が始まります。 学校に行けば楽しいし、きちんと学校には行くんだけど、前日や朝には必ず「学校行きたくない」と言ってぐずる。 学校というルーティンに戻るのが難しい。 普通の子なら2,3日で落ち着きルーティンに戻るところ、発達障害の子は2,3週間かかるんだそう。 そして、2,3週間たって落ち着いたところで、また次の1週間休暇があるのがこっちの学校制度。 本当に親として、いつまでこれに付き合えばいいんだ・・・

息子の学校が始まったら、今度は夫が風邪で家にいることになり、私のストレスはピーク。 確か先月(1月)もそうだったよね。 (冬休みが終わり息子の学校が始まってから体調が悪いと1週間仕事を休んでいた。)

息子の休暇が最後の日曜日、日曜出勤だった夫が頭が痛いと早めに帰宅し、月~水と家にいて、私は夫の昼食を用意しなくちゃいけないし、掃除もできないし、こうしてブログを書いて発散することもできない。 今日は出勤し、金土日は定例休日です。

こっちは、「熱があっても出勤」ということはしない。 体調が悪い時は出勤しても仕事ははかどらないどころか同僚に風邪をうつすことになるので自宅療養が奨励されるのです。

日本も、新型コロナウイルスが落ち着くまで、日本中で休んで欲しいです。(きちんと国が経済面でも保障するようにしないと徹底できないと思いますが。)
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

息子の日本のパスポートが今年で切れるので更新しないと。 パスポートのサイン、5年前は私が代筆したけれど、今回はもう10歳なので自分で書かせなくちゃ。 しかし、息子は普段一切日本語を書かない。 自分の名前を漢字で書いたこともない。

息子は読み書きが困難な傾向があったので、現地語に集中させるため、日本語の読み書きをさせるのを止めてしまった。(当時は日本語も書きたがらなかったし。) でも試しに書かせてみると、最初は面倒くさがっていたが、すんなり書き始めました。

息子の日本語の名前は、私の日本の苗字(漢字二つ)と漢字一つの日本語名。 苗字の漢字は複雑で難しめ。 名前も一文字ながらバランス感覚が難しい。 この漢字3文字を時間をかけて(数か月に渡る決意で)教え、パスポート更新前までに書けるようにさせよう。

最初の漢字、数回書くうちにバランスも良くなってきた。 しかしお手本の私の字そっくりに書くのでヘンなクセがそのまま律義に・・・(汗) 2,3日数回ずつ書かせたら、「もう覚えたよ」と問題なく書けるので、次の複雑な漢字を教える。 どうしても字が大きくなっちゃうけど、数回書いて、翌日も書いて、それから2,3日練習しなくて、昨日「今日は練習しよう!」と声かけたら、「覚えてるよ」と苗字は空で(空中に指文字で)書けていました。

あ、問題なく書けるのね・・・と拍子抜け、最後の名前の漢字を教える。 これはネットにあった漢字の書き方を参照に、アニメーションを見せながら、私が紙に書き順どおりに一画ずつ書いていたら途中息子が「同じのが・・・」となんたら言っていたのだが、私は慣れない漢字にとまどい息子の言うこと聞いてない。(こんな漢字つけるんじゃなかった。 でも二つある候補で夫がこっちの方が言いっていうからさ。)

「さぁ、ママのお手本を参考に」と書かせたが、私のお手本よりも動画をチラ見しスラスラ書いていく。 そして気づいたのだが、私が同じ画を2回書いてたのね。 そのことを「同じの二つある」ってさっき息子は指摘たのでした・・・ 小さな点がいくつかあって、私分かんなくなっていたのに、息子は見逃してなかった。

「(大変だろうから)3つ書けばいいよ」と言ったけど、息子は書くのがおもしろかったのか自ら5つ書いていました。

結局、1週間で自分の日本の名前を漢字で書けるようになったのかな。(しばらくすると忘れちゃうかな・・・)

今までまったく日本語も漢字も書いたり読んだりさせてなかったのに。 この調子なら、うんこ漢字ドリル(1年・2年)させたら、書いて覚えていけるのかしら。

ちょっと前まで息子の日本語能力は頭打ちかな、と思っていました。 現地語を母国語及び勉強のための言語として、きちんと定着させ活用できるようにさせたくて、日本語には力を入れないでいました。(私との会話と、たまに国語の教科書の読み聞かせぐらいで。)

小さい頃は日本語と現地語、常に同レベルで、一つの言語が伸びるともう一つの言語も伸びて追いついていました。

でも小学校に入り、読み書きが困難で勉強もついていけず癇癪を起すようになったので無理に勉強させなくなった。 

しかし今、新しい学校に通い始めてから意欲的に勉強するようになったし(理解してなかったりもしますが)、現地語も伸びてきたと感じます。 今まで本(物語)を読むのを面倒がっていたのが、200ページある物語を読破するようになっていたし。 

結局、現地語が伸びていたから日本語も伸びてきたのか。 同じ時期に同じだけの量を二つの言語でつぎ込んでも、容量(キャパシティー)はいっぱいにならず、同等に吸収し伸びる、のか?

ひとつの容域にふたつの言語を詰め込もうとすると、ひとつのひとつの言語の量が少なくなってしまうんじゃないか、負担なんじゃないかと思って自粛していたんだけど、一緒に詰め込んでいいのかなぁ、息子の場合。

様子見ながら、日本語の読みや漢字練習もさせようかな。 そのうえで現地語も飛躍(相互作用)できたら儲けもん。(そう上手くはいかないかもしれませんが・・・)
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

いかん、これではいかんと思う、スマホ・・・

私がスマホを持ち始めたのはつい半年ほど前か(もっと前か)、必要にかられて。 こっちでは銀行とか交通機関の支払いとか、公共サービス類も全てスマホのアプリで行うようになってきたから、スマホがないと何もできない。

最初は主に電話やSMSの機能と必要なアプリを使うだけだけで、スマホでネットは見ていなかったのですが(画面が小さくて頭が痛くなる)。

タブレットも、息子がタブレットでゲームするから禁止にしていたのですが、冬休みに友達と会った際タブレットのオンラインゲームを再び解禁してしまい・・・

そして息子が学校に行ってるときは私がタブレットでネットや無料漫画を読むようになり、息子が使っているときは私はスマホでネットを見るようになり・・・

パソコンと違い、いちいち立ち上げる必要性も、机の前に座る必要もなく、手に取ってすぐ見れる。 そして、必要もないのに、どうでもいい事柄をダラダラ、ダラダラ見てる。

やめられない。

そんなとき、そんな風に見てたネットに「スマホは中毒になるように作られている」という記事があり、それは私だ~と怖くなり、スマホでネットを見るのは止めた!

ちょうどタブレットも壊れてしまい、オンラインゲームもできなくなったので、デジタル環境を見直し、ダラダラ止めて最優先事項から始めていきましょう。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

新年早々風邪で寝込んだ私。 今度は先週、夫が風邪ひいて1週間仕事を休んだ。 そして今週の火曜の朝、息子が「学校行きたくない」とベッドの中でグタグタしている。 学校行くのが大変、昼食や特別教室を使う授業の時わざわざV校の校舎まで行くのが大変、とか言い始めた。

怠け気分なのかな~と疑いつつ、おでこを触ると、通常より若干熱いような・・・ 念のため休ませたら、午後に熱が上がったので本当に病気だったのでした。

滅多に熱を出さないので半信半疑でごめんね。 でも本当に体調が悪いから歩くのもしんどく、息子の説明は理にかなっていると感心した次第です。 自分の体調が悪いことを認識していたのですね。

しかし滅多に熱を出さないので、ちょっと熱が上がっただけでピーピー泣いてうるさい・・・
翌朝には熱も下がったけれど休ませ2日休んだだけで学校に行きました。

この火曜日の朝は、本当は保護者面談が入っていて夫も半日休みを取っていたのですが学校の都合で急遽キャンセル。

新しいクラスメート(息子と同じ学年)の問題児ぶりが深刻になってきたためらしい。 その様子は息子からも聞いてはいましたが。 

息子はその問題行動をおもしろいとも思い一緒にふざけることもあったり、いけないことだと認識し離れることもあったり、本人も落ち着かない思いを抱いているよう。 

そういう子のための特別な学校なので、先生方はすぐに対処してくれますが、親も不安がつのります。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

このページのトップヘ