ペアレント・エデュケーション「子供の自閉症」というセミナーが先週の2日間(5月16日、17日)療育センター主催で行われ夫と共に参加しました。 これは息子の自閉症プログラムの一部に組み込まれ、既に1月に申し込んであったもの。 最近自閉症と診断された9歳までの子供の親を対象としたものです。 

両日とも8時半から12時半まで。 事前に自閉症の基礎知識や質疑応答をまとめた(療育センター運営の)ウェブサイトに目を通しておくようにとのことでした。 セミナーの内容は1日目「自閉症とは(心理士によるレクチャー)」「日常を円滑にするために(言語聴覚療法士によるレクチャー)、2日目「ソーシャルスキルとコミュニケーション(作業療法士と特別教育専門家によるレクチャー)」「異なった家族生活(ソーシャルワーカーによるレクチャー)」。

公的なセミナーなので費用は無料。 また仕事を休んで来た親は、給料(日当の80%位)が支払われるように(国の公的補助を)申請できます。 このようなセミナーは息子の聴覚障害の療育センターでもありました。 9時半になると既に20分の休憩があり、コーヒーと簡単なオープンサンドが振舞われました。(このようなお茶タイム、この国ではかかせない。) 参加者は、基本両親とも参加で、25~30人位だったかな。

講師陣は誰もがハキハキ人当たりが良く、分かりやすく簡潔に、また親たちの意見を取り入れるにめに質疑応答やディスカッションを交えレクチャーを進めていました。 手元には簡単なレクチャーの内容(表示されるパワーポイントを印刷したもの)が配られました。

資料をもとに復習&備忘録を兼ねてブログに書いておきたいのですが(もう先週のことなんてすっかり忘れているし)・・・ 時間がないっ。 夏休みまで早2週間、(私が)やること山積みなうえ、来週また3機関ミーティングです。

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ