バイリンガルで聴覚障害と発達障害

5歳で感音性難聴が分かったバイリンガルハーフの息子、難聴学校に入学。 その後、発達障害(自閉症)の診断も出ました。 親としての備忘録、息子の成長の記録、欧州で暮らしているので日本とは言語も環境も異なりますが情報共有としてブログを始めました。

スポンサーリンク

イヤモールドが壊れた新学期の朝、今日は火曜だから14時45分までだと思っていたら学校から電話がかかってきて、息子が今から帰ると・・・ まだ時間割が決まっておらず、しばらく13時20分終了だと・・・ 

息子は学校行っても、今度は夫が交通機関が運休する1週間の間休みを取ったため家にいて、その次の週からは夫は出勤したものの、月曜の朝に息子が病気みたいな気がすると言うので慌てて学校を休ませる。 しかし、熱、鼻水、咳等は一切なく、いたって元気。 念のため翌日も休ませ様子を見ることに。 そのため私はマンモグラフィーの検査日を変更するはめに。 結局息子は風邪でも病気でもなく健康体だったので水曜から学校に。

学校の方は、クラスメートがガラリと変わった。 3人の6年生たちは卒業。 1年間一緒に勉強した息子と同学年の女子は普通の学校(といっても地元ではなく、B校が所属しているV校)に転校することになったのです。 残ったのは息子と、同じく4年に進級した去年の途中から転入してきた男子。 この子がものすごく問題児。 しかし新しく入って来た3年生の男の子は利発な良い子そうで息子とも仲良くしているので良かったかな。 もう一人6年生男子も入って来たが、息子たちと会うことはないようだ。

私たち親は、問題児Aの悪影響と、勉強の遅れ(家ではまったく勉強しないので、宿題がほしい)を心配している。 B校の方は、息子を本格的にS校に戻すことを検討していて、今週から月曜の体育と金曜の家庭科はS校のクラスメートたちと授業を受けることになった。 S校の息子の担任となる先生もB校に来て息子の授業を見学したり、息子と話したりすることになった。 私たち親とB校の先生は面談を持ち、今の状況、今後のことを話し合うことに。

昨日は、私はマンモグラフィーの検査に行き、息子が学校から帰って来たら一緒にリサイクルショップに行くことになっていた。 しかし、13時30分になっても息子は帰って来ない。 あ、息子は今学期から一人で自転車通学。 しかし、アパートの地下に自転車を置いているので、鍵を開けたり出し入れを手伝うので帰宅時間に外で待っているのです。 13時40分・・・授業が長引いているのかな・・・13時50分・・・ちょっと遅すぎないか・・・14時・・・学校まで行ってみよう(徒歩10分、自転車5分位なので)。

で、学校に着くと、まだ授業をしている! なんと今日から新しい時間割で、終業14時50分だと! でも、うちには連絡来ていない・・・ (私の貴重な1時間30分を返せー!) 学校で息子が終わるまで待つことに。 まぁ、そのおかげで、息子の様子を見に来たS校の先生と会ってお話することができ、新しいクラスメートの男の子とも顔合わせることができましたが。 B校の先生ともちょっと話しましたが、翌日の午後に面談が入っていたので詳しくは明日ということだったのですが・・・

で、今日は息子は隣町の総合病院で朝の9時から聴覚の検査。 それで学校の授業は出れないのですが、午後に一緒に面談に行くことになっていたのです。 夫はそのために、わざわざ休みを取りました。(聴覚検査だけだったら私が1人で連れて行っていた。)

ところが、朝にB校の先生から「風邪気味なので休みまーす。 面談は別の機会かスカイプで」とメールが入っていました・・・ なんのために夫は休みを取ったのでしょうか。

息子が「L先生、前にも風邪で面談がキャンセルになったよねー」って、よく覚えているなー。 そうだねー、予約のキャンセル多い・・・ 学校以外にも、病院も・・・ こっちは休みを取得したりスケジュール合わせているのに、仕方がないけど勘弁してほしいのだ。

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

長~い、コロナ禍のせいで日本にも行けなかった夏休みが終わり、今日から新学期、4年生になっての登校の朝、イヤモールドが壊れた・・・

子供のの学校が始まり、ようやく自分の時間ができると思ったら、今度は夫の世話・・・

先週、職場でギックリ腰をやり、2日ほど家にいて、夫が家にいても子供の面倒を見てくれるわけでなく、私は夫の食事も余計に作らねばならず、負担が増える。

今週は、病院に行くので水木休み、そして来週は交通が一部運休で出勤できないからと丸1週間休むという。 子供が夏休みの時は出勤していたというのに。

私はいつになったら休めるのだろう。
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

夏休みです!
3週間前から・・・
本来なら夏休みが始まってすぐの6月半ばに日本へ帰省している予定でしたが・・・ 飛行機飛んでいません。 もちろん、就航していても行かないつもりでしたが。 さて、2か月もの休み、どうしましょう。

最初の2週間は、自転車教室に申し込んだので、週2回計4回の講習に行くことで生活にメリハリをつけることができました。 これは自転車に乗れない子を対象とした療育センターでの講習で、日本行きがキャンセルになり慌てて申し込んだもの。 息子は自転車に乗れるけど、前の自転車が小さくなってから新しいのを買うのを控え、2年ほど乗っていなかったので、車道に出る前に練習させたいと思って。 教室に申し込んでから慌てて中古のマウンテンバイクを購入。 ちょっと息子には大きめだけど、講習に行くまでもなく乗りこなし、一人で車道も走るようになってしまった。 結局学校にも、夏休みに入るまでの数週間だけだけど、一人で自転車に乗って行くようになりました。

空手教室も、夏休み中も週2回夕方19時~あり、自転車で行っていました。 6月の後半は天気も良く暑かった~。

しかし、7月が始まる週から夫の3週間の休みが始まったとたん、天気が崩れ、それまで28度が続いていたのが一気に17度とかに下がって・・・雨も多くなり、1回空手休んだら、それからもう空手行きたくないと言い始めた。 (夏休み期間は、大人と合同で子供が少ないせいもあり、居心地がよくなく嫌になってきたせいもある。)

天気が悪く、家族3人で家でグタグタしてする日が続き、生活リズムまで崩れてきて、早くも夏休みがシンドイ状態に。

それでも、日本に行けなかった代わりに、夫の実家に頻繁に行くようにしたり、アメリカから一時帰国している夫の友人家族(息子と年齢の近い子供がいる)に会えることができたり(私たちが日本に帰省していたら会えなかった)、今日は夫と息子は首都の日本大使館まで日帰り旅行にでかけました。

実はちょうど息子のパスポートがこの夏で切れるとこで、日本に帰省した折に更新しようと思っていたのです。 ところが日本に帰れなかったので、日本大使館に申請し、本人が取りに行かなければなりません。 うちから大使館のある首都まで電車で約4時間、特急料金も高額だし、第一今はコロナで観光名所は閉まっているし、感染が一番多い首都なんかに本来は行きたくないのですが。

日本の教科書申請のために有効な息子のパスポートが必要なんですよね。

それで、夫と息子に日帰りで行ってもらうことにしました。 朝の6時に出発し、夜の10時に帰宅予定。 息子は首都に行ったことがなかったし、特急列車にも初めて乗れるので大喜びでした。 夫も友人が首都に住んでおり、すっごく久しぶりに会うことができ楽しかったみたい。 せっかくの夏休み、ま、これもいいか。 こっちは1日中ご暴風雨だったけど、向こうは天気が良かったようなので、それもラッキー。

私の方は、今日は日本とzoomを使った仕事が1時間ほど入っていたので、夫と息子の首都行きも今日にしてもらい、無事終えることができたので良かった。 後は掃除して、友達にメール書いたり、こうしてブログ書いたり。

しかし、これからもまだまだ続く夏休み・・・ そうだ、長い自宅での休み中、息子には、自宅学習、読書、観察日記、手伝い、部屋の掃除と片づけの習慣を身に着けさせるんだった。 今のとこ、ちょっと本を無理やり読んでゲーム三昧・・・という習慣しかついていません・・・
にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

このページのトップヘ